BSLife

好きなもの紹介と写メブログ
<< BUMP買いました。 | TOP | 年越し >>
闇夜が恐ろしくなる。
百鬼夜行抄 (1)
百鬼夜行抄 (1)
今 市子

作者のイラストがとても綺麗でつい手に取ってしまったこの一冊。
なんとなくサイズ的にかさばらない文庫サイズを購入。
一冊読むと止まらない。その世界に浸っていたくなる程。
タイトル通りおどろおどろしい妖怪がウヨウヨ出てくるんだけど、結果怖くない。
何となく、人間と変わらない妖怪の気持ちに怖さを忘れる。
でも人間が理解出来ない妖怪の気持ちは元を正せば人間が強く念じた事や、原因があった。
主人公の男子高校生の淡々とした妖怪退治(?)も何気に面白い。
主人公を取り巻く家族・親戚・妖怪の関係は「動物のお医者さん」を思い出して更に面白い。
それで昨日は夢なんか見てしまう始末。

夢なのか本当なのか謎だけれども、寝ている自分の枕元でパタパタと団扇で私の頭を扇ぐ音がする。
しかも風を感じる。
目を瞑っているのに山が見え、その先に火の玉らしき光が見えた時には怖かった。
思わず心の中でお経を唱えた。
もしや何か居るかも知れないと思うと目を開けるのも体を動かすのも怖かった。

結局朝起きたら、夜中から強い風が吹いて窓がガタガタ鳴ってたらしい。
それの影響だったのかも知れない。
夢であればそれで良い。

ちなみに隣で寝ていた母が見た夢は、
今の家の納戸に私が小さな蛇を大量に放り込んでいる、しかも入りきれなかった蛇が家中をウヨウヨしてたという…。
これまた妖怪まがいな夢だったらしい。
夢占い辞典で調べてみると、東洋では小さな蛇や白い蛇は金銭的に縁起が良いという。
西洋ではどんな蛇でも縁起が悪いとか。
とりあえず母はロト6を買ったらしい…。

影響受けまくりですがそれぐらいハマる漫画です。
21:58 | 本の紹介 | comments(2) | trackbacks(1)| - |
コメント
尾黒と尾白やったっけ。
いつまで経っても酒盛りしか出来ない二匹が面白いね。
人間に化けると時代遅れやし(笑)
2006/11/27 2:41 AM by
これ、知ってる!
あの主人公の手下の鳥達が好きだった!
2006/11/24 4:25 PM by ともこ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://work.bsl.mods.jp/trackback/571123
トラックバック
2006/11/08 1:03 PM
お話
手作り昔話